Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[tests] 丸型真空おひつによるレジンの脱泡
Work.3を複製しててどうしても細かい部分に入っていかないのでレジンの真空脱泡を
簡単に出来ないかテストしてみました。

使用機材
- 丸型真空おひつ 2.2合
- コトブキヤ オリジナルレジンキャスト (ホワイト)
- Wave シリコーン樹脂 1Kg にて作成したシリコーン型 (真空脱泡用に作ってません)

結果:
  パワーが足りず失敗

続きには使った容器の使用感と実験に関して記載。



履歴:
- 2009/10/06 : テスト実施
- 2009/10/07 : 記述開始
- 2009/11/01 : 語句修正を行い公開したと思ってたら下書き状態のままだった。あっれぇ~
- 2009/11/05 : 公開
- 2010/01/02 : アフィリエイトへのリンクを末尾に追加



● 容器に関して

VACUVIN を選択しなかったのは手持ちのが大きくて除去までに時間がかかると
想像できたため。
そのため手ごろなサイズに思えた丸型真空おひつという容器を使ってみました。

丸型真空おひつ パッケージ表丸型真空おひつ パッケージ裏


サイズとしては直径 15cm位。 (計ってません)

この容器はマニュアルによると中真空~高真空として大体 -0.06MPa~-0.085MPa
くらいに下げられるようで 10数回という手数の少なさにひかれて購入してみました。
実際は型の体積が小さかったためなのかもうちょっと手数が必要でしたが。

丸型真空おひつ マニュアル


● 実験

真空脱泡 (減圧脱泡) の前提知識 :
1. 空気を除去していくと気泡がぶくぶくと上がってくる。
  レジンと入れ替わっていくので予めレジンを溜めておくプールが型に必要。
2. 気泡がぶくぶくと出てきて出なくなったら空気を入れる (戻す)。
  # 大きかった気泡が小さくなり入れ替わりにレジンが吸い込まれていく。

ということで基本レジンを溜めるプールが必要なんですが新しく型を作るのも
きついので常圧用の 2面型で注ぎ口を大きくしたもので代用しています。
# 最悪ガムテープで土手を作るかと。

中真空から高真空あたりで気泡が出てくるのですがレジンの硬化が始まるじゅうぶん
前までに気泡が抜けきらないため空気を戻すタイミングが難しい。

丸型真空おひつ 空気除去丸型真空おひつ 空気除去後
除去中硬化後


何度かやってみたんですが結果うまくいきませんでした。

なお蓋を開けたときに化学反応で発生した気体がぶわっと上がってくるのが臭いで
分かるくらいだったので、取り出し時に体に浴びないように注意して下さい。
# 失敗事例の真似はしないと思いますが念のため


さてこの後どう進むか……。
本格的にやるには資金や場所の確保とかが必要で非常におっくうだったりします。





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/113-f477a1b8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。