Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CP+2011
カメラのイベントに2年ぶりに行ってきました。
--
名称: CP+2011
場所: パシフィコ横浜
会期: 2011/02/9~12 (最終日10:00~17:00)
--

最終日となる2/12に見学。
朝方少し雪降ってて萎えかけましたが久方ぶりなので
振い立たせて横浜へ。

俗にいう2強(Canon, Nikon)は見てないので続きの方は
かなり偏った話です。
# そういえば素で見てないなぁ…… < おい



履歴:
- 2011/02/12 : 書き出し、公開
- 2011/02/14 : Munkiに追記
- 2011/02/19 : RICOHを追加、オリのデジカメXZ-1(←ZX-1)の名前が間違ってたので修正




オリンパス
- ZX-1
 記録媒体のSDが入ってないとまともにオート
 フォーカスが効かなかった。
 これ店頭展示だとマイナスに見えるのではないか?
 コントラスト方式でフォーカスが合うまでの間は
 そんなに早くなくいわゆる普通のコンデジ。

 曰く、低ISOで一眼に迫る画質なんだそうだ。
 # センサー、フォーサーズよりも小さいから

 参考: OLYMPUS XZ-1

- ゴミ落とし
 フォーサーズなどで採用しているごみ落としの実演。
 水滴を垂らして手で振っても落ちないがスイッチを入れると
 霧状になってはじくというもの。数1000G 必要なんだそうな。
 普通は水滴なんてつかないので普通のごみよりも悪いケース
 に相当。

 周波数に応じて落ちるものが異なるので高周波と低周波
 をミックスさせた振動で落としているそう。

Pentax
- K-5 limited silverと DA limitedのシルバーモデルは
 受注完売の紙が張られていた。
 レンズは聞いてたけど本体までとは……
 待ってた人多かったんだろう。
 人気のようでおめでとうございます。

 太くなったというグリップ。写真ではいい感じだったけど
 実際見るとちょっと太いなぁという印象。気持ち残念。
 実機を持たせてもらったら結構太い。中間位が良かったかな。
  < 我が儘言うな

富士フィルム
- X100
 13:00頃は触るのに列になってて30分待ち。
 ファインダがハイブリッドビューファインダーという
 OVFとEVFの 2種類切り分けられるもので実際どういうの?
 と興味深々で覗いたらこれがすごかった。
 ファインダに目を近づけた状態で前面にあるレバーを
 引くと切り替えられる。
 OVFは遅延なく表示範囲に枠がありシーンを切り撮る感じ
 をもろに出してる、
 EVFは表示に遅延が出るがそれがそのまま画にされる。
 OVFでシャッターを切ったら撮影した画がファインダに
 出るのはかなり良かった。
 使うとしたらOVFメインかなぁ。EVFはまだ表示遅延に
 抵抗がある。

 オートフォーカスはコントラスト方式で早くない。
 OVFで気持ちよく見れるが故にここはちと残念。

 今回画質優先でレンズ交換なし。レンズに合わせて素子
 位置などをカスタマイズしてるそうで簡単には交換タイプ
 は難しそう。
 まぁ金額からもそれらが分かってる人が買うものだろう。

 参考: 富士フィルム ニュースリリース

x-rite
- 疑問に思ってた i1 Displayと ColorMunkiのどちらが
 センサとして上なのか尋ねてみた。
 ColorMunkiの方が全然上だそう。
 同じを量販店の人にして質問してi1って言われたんだ
 けどと言うと分かってないんですよと返る。

 ColorMunkiの方が上なんだけど高輝度のディスプレイ
 には対応していないそう。300カンデラとか。
 プリンタの調整では120~200位が普通なんだそうで
 それに合わせてある。

 # 後で調べたら
 # 輝度で Munki: 80-140、i1: 50-250
 # 白色度で Munki: 5000-6500、i1: 4000-13000K
 # てな感じのようです。(白色度はプリセットとしての
 # 値でサポートしているものってニュアンスのものを
 # 拾ってます)

 i1 Displayはフィルタ式の計測器でフィルタに寿命が
 ある。1~2年ってことはないが 5年ほど位らしい。
 一方ColorMunkiは寿命がないがショックに弱い。
 入ってきた光を分光して測定するが測定位置がずれて
 しまうと役に立たなくなるため。
 この手の計測器は落としたりするのでフィルタ式が
 採用されがち。

 ColorMunkiはNANAOのColorEdgeとはすごく相性がよいそう。

- 買収したMonacoの EZcolorのIT8ターゲットが手に
 入らないのか尋ねてみたがもうx-riteでは手控え
 してしまったためどうにもならんそう。

 エプソンのスキャナに同梱しているのがあるのでエプソンさん
 で取り扱ってるかもしれないとのこと。

RICOH
- CX5
 さらっと触っただけでAFが早くなったことが実感できる。
 リコーはマクロに強い事が定評なのでこりゃ小物撮影用
 にいいかもしれんと思った。 # レンズが明るければ……

パナソニック
- コンパニオンのお姉さんがはいてるチェックのミニスカが
 ゴッドイーターのアリサのようで反則だと思う。< えっ今回の落ちそれ?



参考:
- カメラと写真の総合展示会「CP+」シーピープラス : 主催のサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/176-e4343f8b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。