Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[自炊] エプソン ES-D400
書籍を電子データとして残すという話。

雑記に近いんですけど、資料として保存しておくことも
念頭にあるのでカテゴリはメモの方にしています。

今回の題材はエプソンES-D400というADFタイプのスキャナ。
結論から述べれば回避を超推奨。

続きの方は詳細を記述してますが長いので注意。


履歴:
- 2011/02/12 : 記述開始
- 2011/03/08 : 公開。○ヶ月我慢した。もう我慢の限界。告発する。
- 2011/03/21 : モアレ除去の効果が誤っていたため訂正。



■ 前置き
プリンタに比べるとスキャナは需要が少ないのか
あまり製品バリエーションはなく、各社の更新期間も
長目になっています。

現在のADFタイプのスキャナは市場としてはコンシューマ
向けでは次のものが有名です。
- PFU ScanSnapシリーズ
- Canon DRシリーズ
- コクヨ Caminacsシリーズ

大体 4~5万前後付近で市場を形成してます。

さて今回取り上げる EPSONですが、Offirioブランド
(型的にはESシリーズ)としてオフィス、業務用向けの
フラットベットタイプのスキャナを出しててそれらでは
ADFオプションで自動読込む処理を実現しています。

このADFオプションは大仕掛けで、ベルトで用紙を読込み
ガラス面まで搬送しスキャナ側は普通にスキャンする
というもので、大がかりな仕組みと引き換えに
縦線が出にくいという非常に強いメリットがあります。

実際の所は隅が浮いている箇所があり、浮いている状態を
CCDで読込んで隅をゆがませてしまうという指摘があります。
が普通に読み込んでる部分はめっぽう綺麗という画質重視の
設計になっています。

大体10万+10万と高値の花だったわけですが、最近になって
価格を抑えてきた ES-H300や ADFタイプのES-D400が発売
されたのでADFでも画質重視なのかとwktkしながら試してみました。



■ ES-D400に関して

● 使用環境:
OS:Windows 7
ドライババージョン:3.652

● 長所(Pros.)
1.給紙トレイが大きくて一度に載せられるのが50~75枚と多い。
2.色味の再現性がADFタイプの中で素直
3.裏当てが黒で裏写りしにくい。

● 短所(Cons.)
1.出直画像の品質
1.1 出力データに欠け、ずれが発生する。
(1) 原稿と比較するとずれ、ゆがみがある画像が生成される。
(2) 出力画像の上下に2~3mmの欠けが発生する。
  (2.1) オーバースキャンがない。
  (2.2) 補正される情報が上下(白)と左右(グレー)で異なる。
     また左右は中間値を用いられてバッチ処理しにくい。
1.2 色調
 EPSONのフラットベットタイプで使用できるプロフェッショナル
 モードが使用できない。
(1) 画像補正を行わないRAW出力がない。
 →自分でICCプロファイル作って管理ってのがきちんとできない。
(2) 16bitグレー, 48bitカラーで出力できない
(3) きめの細かい解像度で出力できない
 300dpi以上だと300, 400, 600dpi以外の350,360がなくなっている

3.処理関連
(1) 処理速度が遅い。特に600dpi(sRGB)は死ねる。

4. 操作性
(1) ファイル名の命名規則。インデックスのステップ数が1で固定。
(2) インデックスの修正がスキャン開始ボタンのところでできない
   ので不便。

5. サポート面
(1) コンタクト方法が電話のみ。
  e-mailはお金が必要になるがそれでも基本電話のやりとりになるそう。
(2) コンタクトできる時間が平日 17:30まで。
  普通の人は働いとるって……
(3) MyEPSONへの登録は無意味。
  サポートの人からは見れないそう。

お勧め度: ★☆☆☆☆



てっとりばやいので最初に画像をみてもらいましょう。
ES-D400ずれ確認

画像は、確認のためにフラットベッドで取り込んだものと
ES-D400で取り込んだものをPhotoshopで重ねたもの。
薄い目に出ているのがフラットベッドの方。

こうすると良くわかりますが、出力画像に1~2mmのゆがみ
というか位置ずれが発生しており、これが本スキャナの
最大の問題点です。
次に適切なサイズを指定しても上下に欠ける領域が2~3mm
ほど発生するのが欠点に輪を加えています。
(上の画像では下の欠け領域は分かりにくいですが)

原稿が小説系だと影響は少ないかもしれませんが
グラビアとか漫画などの絵が重要な原稿ではきつい。
私みたいに資料を電子データとして残しておこうとする
場合などは特に。

そもそもゆがみやずれが出るスキャナをわざわざ
使いたいって人いるんでしょうか?
私はまっぴらごめんです。加えて欠ける領域があると。
使う上での最低限の要件すら満たしていない状態に思えます。

ADFタイプなので原稿によってはゆがみが出ることは
一応理解してますが、雑誌の表紙のような厚くて固い紙や
コート紙でもない用紙にこれではさすがに大きすぎる。
これは体感上の話だけではなくって、同社のES-H300
や他のスキャナではずっと抑えられている事も許容
できない根拠の一つ。


上下の欠けは用紙サイズを大きめに設定して読み取り領域を
大きくしたら下側は欠けないだろうと思ったのですが、
なぜか上側の欠けた領域が読み込まれました。
最初の端の認識が難しくて上端が欠けるってのなら理解
できるのですが用紙サイズを増してこれでは正直バグだと
思います。

なお上の欠けが読めてるなら下も読めるだろうし楽に
改善できるのではないかと思いますが、EPSONは仕様の
一点張りで改善の見込みはなし。
……売りたくないんでしょうかね。


解像感はES-H300に比べるとやや下がる。
カードが読めるADFは原稿とセンサの距離が大きくなって
ぼやける傾向にあるのでは?と勝手に思ってます。
なお300~400dpiなどの中程度の解像度ではfi-6140より良い。
(というよりfi-6140は600dpiで普通になる感じ)

設定でモアレ除去を指定した場合大体 Photoshop CS4の
ガウス拡散(ぼかし(ガウス)) の2.2くらいに見えた。(ちょっと曖昧)
1.1~1.2くらい。(2011/03/21訂正)
これ位になるとアンシャープマスクをかけても随分ぼけ
が残るので、ぼけの量をもう少しコントロールできると
良いと思う。

色調というか色味の再現性は素直。これがこのスキャナ
で最も褒められる部分。
多くのADFスキャナは色が転ぶが再現性がかなり良く
歪曲などがなければ使い続けたいと思った。

ICCプロファイルとしてsRGBが指定可能。
ただし適用するとスキャンスピードが落ちる。

同社のES-H300ではICCプロファイルを独自のものを指定できる
などより柔軟でキャリブレーション環境を構築している人には
すごく便利だったが、本スキャナではsRGBしか選べないので
こちらから方面から入った人はすごく不満に思えるだろう。
独自のICCプロファイルが当てられないにしてもせめて
RAW出力があればこちらでやるのにできないのがもどかしい。

読み取り領域を大きくした場合、上下は白、左右の空き領域は
グレーで補間されます。
中間値なので色域指定で範囲を切り出している人はつらいかも
しれません。

出力ファイルは連番で出力できますが、スキャンの開始
ボタンがある所で直接インデックスを変更できないため
変更する必要があった場合に面倒、+よく変更し忘れる。
細かな部分ですが操作性を落としてると思います。
# その辺BTscanはよくできてるよね

あとインデックスのステップが +1固定なので少し外れた
ことしようとしたら面倒とか、連番が 3桁で少ないとか
使い勝手に細々とした不満あり。


サポートに関して
コンタクトできる時間や方法により、業務で使っている人
でないとES系は何か問題があった場合に厳しい感じがしました。

製品にはMyEPSONへの登録をするようちらしが入っていますが
MyEPSONに情報を入力しても無意味。
ES系はwebないしmailでの問い合わせができなくて基本電話
になっています。サポートに入ってればmailできるそうですが
やりとりには電話を使うみたい。
で、サポートの人にはMyEPSONに入力した読めないそうで
無意味だったと。

電話の応対時間は平日の17:30まで。
なので業務で日中電話を掛けるのに支障がない人でないと
コンタクトすら厳しくなる。

他社のサポートを比較してみる。(2011/02時点)
Canon : 9時~12時、13時~17時 (メール可)
コクヨ : 9時~18時 (メール可)
富士通 : 9時~12時、13時~17時 (メール可)

ゆがみなどの問題の場合、サポートからは原稿とスキャン
データを送ってくれと言われ郵送するはめに。
メールやFTPが使えないので先に電子データだけでも送って
初期解析してもらうなどできず、手間と時間と郵送料のロス。

解像度を変える、画像フォーマットを変更するなどで繰り返し
スキャンさせてたら原稿が削れたよ、どうしてくれる…… > エプソン
もううんざりだ!というようなことになりましたとさ。
# それだけじゃないんだけど割愛します。


● 最後に
他機種でみない酷い位置ずれと上下の欠けが仕様と
言い張るのであればEPSONはそれを明示すべき。
もしできない、技術力も無くって改善もできないなら
これ以上犠牲者を増やさないためにも撤退して下さい。
(私がここまで言うのは滅多にないです)

ScanSnapなどのローエンドの価格帯の商品でないんだから
ちゃんと責任を持って下さい。

--
私 「納得できない。御社の他のADFでもずっとずれが
   抑えられてるじゃないですか」
サポート「○○はモーターが強力なので少ないんですよ」
私 (…じゃあD400も強くすりゃいいじゃんか……)
--
サポート「伺った話は次機種でご参考に致しますので…」
私 (それ今困ってる私を切り捨てるって言ってるよね。)
--
とまで言われたらさすがに怒ってもいいよね?
# 怒る理由はこれだけじゃないんだけどね……


ついでに今まで思ってた事を。
スキャナのレビュー記事でずれや歪みの検証をまともに
してるのをほとんど見たことがありません。
ものがCPUの場合はベンチマーク走らせてるし、
デジカメだったらレンズの歪曲確認で壁面のタイルを撮影
してたりしますよね。(他にも分解能やダイナミックレンジ
とかも調べますよね)
それらと同じ位重要な事だと思うんだけどみない。
レビュアーの主観だけで構成されてる記事がほとんどだけど
商業誌としてそれはどうなのよと。
個人的にはもうちょっと詳細に評価して欲しい。
そうすればこういった買った後の後悔は減るはずだから。



参考情報:
- EPSON
 - スキャナー ES-D400
 - ネットワークスキャナー ES-H300
 - スキャナー ES-D200 : ES-D400の廉価版

- ES-D200は完成品と言えるのか : 兄弟機のES-D200を使われた方の記事
  やはりゆがみがでるそうです。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/177-67467e36



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。