Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Flat4-玄の改善計画
Flat4-玄を実際に使ってみて、自分が不満に思った点が改善しないかなと試行錯誤した話

1. ケーブル長の改善
2. 籠り傾向の改善
3. SHURE掛け → 左右チャンネルの入替えケーブルを作る
な話になっています。



1. ケーブル長の改善
長すぎるケーブルをまとめるものは、シリコーンゴムの器具に巻きつけるもの
とか、既に多数発売されています。
ただ器具自身の重さや、巻き付けたケーブルの重さが一点に集中したりして、
要は重くなり引っ張られるのに難点を感じていました。

そんな折、秋葉原にある e☆イヤフォンさんで次のようなものを見つけました。
これだと重さが分散していいかもしれません。
器具自身は軽くて、今のところ良い感じです。

INNOVELIS、CordFits
CordFits



2. 籠り傾向の改善
録音状態から悪いのか、低音に籠りがみられる曲があったため
改善できないかなと悩ませています。
e☆イヤフォンさんでポタアンが試せたので、いくつか試してみました。

QablesのiQubeが抜群に効果があり、すごくクリアになります。
こ、これは!と勢いづいたものの、値段みて萎えました。(はっきり言って高い)。
あと大きさが……(ちょっとでかくて気軽に持ち運べない)。

なかなか難しいっすねぇ。('A`)


3. SHURE掛け
SHURE製品で有名になった装着方法で、耳たぶの後ろにケーブルを這わせて
装着する方法を良くSHUREがけと言います。

Flat4は傾きが付けられているため、SHUREがけをするために上下を入れ替えたら
傾きが逆になってしまい装着しづらくなります。
しかし左右を入れ替えたら、傾きは逆になるので問題ありません。
(つまり左耳にひっくり返したRを、右耳にひっくり返したLをはめる)

これをすると音が左右逆になるので、左右のチャンネルを入れ替える
コネクタやケーブルがないか探してみましたが、見つけられませんでした。
ここはプロに聞いてみようと土曜日に秋葉原のオヤイデ電気さんを訪ねてみました。
# オヤイデさんは泣く子も黙る線材のプロです。

結論としてはやはりそういった製品はなく、需要がないので作ってないんでしょうねぇ
と言われてしょんぼりしました。

皆作ってるんじゃないっすか?と、という話になり、ケーブルの自作に必要なものを
見繕ってもらい、作ってみる事にしました。
超久しぶりの半田です。

半田セット、プラグ 2種 (4mm径)、ケーブル
チャンネル入替え工具一覧

コネクタのチャンネルは、次のようになっている模様。
J-3.5SR
P-3.5GL (こっちの4mmの方には説明がないので注意)

# Webみたら分かるよと言われたのに、メスの方はこちらのページを見ても
# 載ってないんだもんなぁ。テスター買ってこないといけないのかと焦ったよ。
# ちなみに同じ個所のP-3.5には極性が載ってるんじゃよ……

で下のように作成。
チャンネル入替えケーブル

久しぶりの半田付けでいささか苦労しています。メス型の方は難しかった。
汚いのでとても細部はみせられません。
でもまぁ、左右のチャンネルを入れ替えるケーブルはなんとかできたみたいで、
ようやっとSHUREがけができます。

あ、作業中に半田コテ落として、近くにあったビニールシートに穴あけたのは
秘密にしておいて下さい。皆さんコテの扱いは十分に気を付けましょう。

それよりも酷い落ちは、上側の黒いオスーオスのケーブルを出先で確認しようと
持ち出したらいつの間にか無くしてた事。時間とお金返して…… (ノД`)ノ
気づいた時はすごい愕然としました。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/200-f0441b80



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。