Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パテのくっつき防止剤の比較
エポパテ使ってる時にくっつくのを防止するために使用するものの話。

ものによっては水を使うとくっつきにくいとかありますが分割で使えなかったり
水分量のコントロールが難しかったりします。
そこで油分があるとうまくひっつかない性質を利用します。

# よく知られた話だと思いますので歴戦の猛者な方は無視して下さい。

- メンソレータム
- ヴァセリン
- 白色ワセリン




油といっても次のように分類されているようで、厳密には油脂と言った方が良いのでしょうか。
油(oil) : 化学では常温で液体の油脂
脂(fat) : 化学では常温で固体の油脂
      栄養学での脂肪は固体と液体の両方を含むので微妙に異なる。

油(液状のもの)では使う面によって垂れたりするので、模型製作には扱いづらいと思います。
石油由来の脂にワセリンというものがあるのですがこちらは常温で軟膏のような脂なため
扱いやすいと思います。扱いやすさに加えメンソレータムなどの基材として使われており
毒性が低い事も利点です。

ここではワセリンを含む薬剤(というのか?) を比較しています。

価格は2008/11末時点で、
希望小売価格が明記されていた場合はそれを、
そうでない場合は実際に見かけた価格になっています。

■ 比較リスト
● メンソレータム、メンターム
昔からよく聞くのがメンソレータム。知名度があり抜群に入手しやすい。
ちなみにメンタームもほぼ同じ成分を持ちます。
具体的には以下:
ソンソレータム:
  〈有効成分〉 dl-カンフル 9.60%、l-メントール 1.35%
  〈添加物〉 ユーカリ油 1.30%、サリチル酸メチル 0.22%、テレビン油 0.36%、
        黄色ワセリン 87.07%、酸化チタン 0.10%
メンターム:
  〈有効成分〉dl-カンフル 9.60%、l -メントール 1.35%、ユーカリ油 1.30%
  〈添加物〉 白色ワセリン、黄色ワセリン、パラフィン、酸化チタン、パイン油、サリチル酸メチル

# ワセリンに薬用成分を入れたという感じですね。

コスト:
  メンソレータム 35g 680円
  メンターム 40g 630円
  # 店により大幅に安いこともあるようです。

主な入手先: 薬局
入手しやすさ: ◎

● ヴァセリン ペトロリュームジェリー

Vaseline 105g

TAT-CONの造型ライブでさわたりさんから教えてもらったのがヴァセリン。
成分がほぼワセリンのみというすごいやつでして、
つまりメンソレータムなどが持つ不純物(薬用成分) をほとんど含んでいません。
そういうのを気にする方にはお奨めです。
# 2006年秋以降の輸入分より、酸化防止剤としてトコフェロール・BHTが微量配合されている模様

コスト:
  368.5g 950円
  106.3g 420円
  49.6g 280円

主な入手先: 薬局 (ハンドオイルや手のケアをする製品のところでよく見ます)
入手しやすさ: ○

手に少しつけてエポパテをこねるとパテに混ざりますが、それで硬化不良は
今のところ経験していません。少量では問題ないと判断しています。
なおエポパテに混ざるとパテが少し柔らかくなります。

使った感じでは1/8で水着とか簡単な装飾のフィギュアでは小サイズで足りると思います。
お試しで買うなら小サイズで良いのではないかと。

● 白色ワセリン

白色ワセリン50g

白色ワセリンはヴァセリンとほぼ同じ成分を持っていて薬局で売ってます。
# ヴァセリンの日本版で脱色したものと思っておけばよい?
大瓶のを2007年のクレイズの祭りにて葉月さんが紹介されてました。

500gだとかなり大きくこの場合コストパフォーマンスはメンソレータムに比べると
圧倒的に良くなります。小分けした方が使いやすいかもしれません。
# 50g程度の小サイズでも売っていることを確認しました。

コスト:
  500gで 1200円(近場のコクミンにて)、webだと1000円程度で買える模様
  50g で 300円程度

主な入手先: 薬局
入手しやすさ: △ (ヴァセリンの方が楽な印象)

日本薬局方で見てみると以下の性質を持つようです。
- 石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの
- 水、エタノール、メタノールにはほとんど溶けない。
- ジエチルエーテルに溶ける。
- 加温すると透明の液になる。
- 融点は 38~60℃

ついでに黄色ワセリンです。
- 石油から得た炭化水素類の混合物を精製したもの
- エタノールに溶けにくく、水にはほととんど溶けない。
- ジエチルエーテル、石油ベンジン、テレピン油に溶ける。
- 加温すると黄色の透明な液になる。
- 融点は 38~60℃

--
私が人に聞かれた時、
とりあえずやってみたいという人にはあまり量が要らないと思うのでヴァセリンを、
本気で取り組む場合にはコストパフォーマンスの面から白色ワセリンを薦めています。

■ 使い方に関して

ワセリンの一般的な使い道として以下になります。
- エポパテをこねる前に指やビニール手袋に軽く塗布しパテが付着するのを防止する。
- 彫塑(形だし) の際へらやスパチュラに軽く塗布し、くっつき防止&滑らかに処理する。
 粘着しやすい状態だと力の入れ加減が難しくなりますので必須ではないかと。
- 原型分割時の剥離剤 :
    分割の基準面に塗布し、片方にパテを盛り張り合わせる。
    パテ硬化後に力を入れて割るとロスが少なくできる。

なお使うと分かるのですがワセリンを使った後の油汚れは石鹸ではなかなか落ちません。
中性洗剤が欲しいと思うかも。
# 感覚的には油を使った料理の後に食器洗ってるところを想像して下さい。

洗濯用洗剤では落ちにくくどろっとした状態で他の服に移ったりする可能性がありますので
服に付かないように十分気をつけましょう。



参考:
- wikipedia 脂肪

- wikipedia メンソレータム : 近江兄弟社メンタームとの関係にメンタームとの違いが記載
- ロート製薬 メンソレータム軟膏
- 近江兄弟社 メンターム

- Vaseline Petroleum Jelly : 本家
- ユニリーバ・ジャパン (株) ヴァセリン : 輸入発売元。ペトロリュームジェリーがないのは何故?

- 厚生労働省 日本薬局方
    厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定めた医薬品の規格基準書
-- 第十五改正日本薬局方 : 進むとPDFがあります。p.1220 (内部ページ番号 1169)、白色ワセリン



履歴:
- 2008/11/20 : 書き始める
- 2008/12/03 : 公開。写真を後に追加、白色ワセリンが50g程度でも売っていることを記載
- 2009/05/16 : 語句修整。離型剤 → 剥離剤。やっぱり型から離すのではない気がするので。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/39-e571e7d7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。