Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エポパテ原型のとあるパーツ分割・切断方法
型から抜けるようにするため、
着色しやすくするため(==マスキングせずに塗装できるようにするため)
など色々な面からパーツが分割されていきます。

分割方法はいくつかのベテランディーラー様がノウハウを公開してくれているおり
わざわざそこに付け加えるほどのものではないのですが自分用のメモとして残します。
単に温めているだけなので熟練の方は回避をして下さい。



履歴:
- 2009/04/07 : 記述
- 2009/06/19 : 公開
- 2009/07/03 : 末尾のGRIMROCK!さんのことを追記


■ 前提:
 使用素材 : エポキシパテ (Wave 軽量エポキシパテ)
 使用道具 : デザインナイフ、オーブン

■ それまでに知っていた事 :
- 普通、分割はのことかで切断する。 → 曲面に沿って分割するのが難しい。
- エッチングソーだと無理すれば少し曲げられる。 → 日が暮れるしエッチングソーが駄目になりがち。
- スカルピーだと温めたら柔らかくなるので、温めたのちナイフを入れる技がある。

■ ここで記述する分割方法
● 概要
エポパテでも温める

● 解決したい話
曲面をある程度残して分割したい

● 分割手順:
1. ずれないように軸にする針金をさす穴をあけたり、マーキングを行います。
分割1-穴あけ

2. 分割前に原型をオーブンで温めます。
 私はパテの硬化促進に80度で13分ほど温めていますがそれと同じ位温めています。

3. 原型が温かいうちにデザインナイフを分割したい曲面にそって刺しいれていきます。
 パテが温かいうちだと面白いほどナイフが入っていきます。
 作業にあたってやけどしないように気をつけて下さい。 (念のため)

分割2-ナイフいれ

 ナイフは刃の幅があまりない方が良いのかもしれません。
 入れやすいのとそうでないのがあるので。
 写真ではNTカッターの細刃のものを使いました。←刃先が欠けやすい気がしますが最近のお気に入り

4. 切断後は、いわゆる通常のやり方でリカバーして下さい。
 断面を均す、ダボを作るなどした後、
 くっつかないようワセリンを塗って
 パテをつけてむにっと押し付けると。

この切断方法の利点としてはある程度の曲面に対応可能なことでしょうか。
のこぎりを使うとかなり直線的になってしまうのですがこちらだとある程度柔軟に対処できます。
ただナイフを何度も刺しいれるため分割面が少し汚くなるのがデメリットになります。

分割3-前髪分離


なおこの手法ではナイフの刃の深さまでしか対応できないため分割しそうな箇所で
ワセリンを先に塗っておくなど手を講じておきます。
(上では額の部分で塗っておきナイフを入れた後とれるように細工)

他、厚みがでそうな部分ではあらかじめ細工を用いて作っておく必要があります。

分割3-後ろ髪分離

上の場合は顔と後ろ髪の部分に百均で買ってきたメラミンスポンジを入れて
嵩を稼ぎパテを盛る量を減らしています。

メラミンスポンジのカットはかなりサクサク切れて爽快なんですが、ちょっと前に
牛乳で問題になってたのでメラミンが体に悪いのかもしれません。 # 食べないっすけど
また分割後にみたらスポンジが縮んでいたので温めるのが良くなさそうな気がします。
嵩さえ稼げればいいので気になる場合は他のもので代用して下さい。

この小細工をしても上の分割ではちょっと苦戦しています。

ついでに記述するとべたに空洞がない詰まった頭部を作成すると重くなりすぎて
首の部分から曲がってきたりするのでそれを避けるためにも今回は空洞を作る
ようにしています。(これはWork.1で激しく反省した部分)


■ 謝辞
エポパテでも温めると良いことを教えてくれたさわたりさんに感謝致します。
スカルピーで作った原型を温め柔らかくしてから切断するというのは知っていたのですが
エポパテでも温めると良いというのは意外というか(当時)気付きませんでした。

ちなみに具体的なやり方までレクチャーしてもらったわけではないため
上記の方法はさわたりさんがやってる手法とは同じわけではないので注意して下さい。
というか多分違うでしょう。もっと賢い方法があるのかもしれません。



GRIMROCK!さんの 2009/02/03の記事 にてパテを温めていることが触れられていました。

> やり方は毎度同じく、原型をオーブンで暖めると
>
> パテが柔らかくなりナイフの刃が入りやすくなるので
>
> 意外とたやすくパーツを切り出せます。

やはりベテランの方にはよく知られた方法なんでしょうか。情弱なので > 私 (2009/07/03追記)

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/69-5f77cf9d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。