Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メモ: 造形村透明シリコン
ボークスの透明シリコンの1stインプレッション (自分用メモ)

比較対象は(Work1.で使用した) Wave シリコーンゴム1kg

# 定性的な資料ではありません。
# 気泡の件は探せば同じようなメモはたくさん出てくるのでどうも一旦は通る道な気がします。



履歴:
- 2009/05/03 : 記述開始
- 2009/08/29 : 公開


名称: 造形村透明シリコン
硬化時間: 約24時間(室温23度)
混合比: 主剤 100gに対し、付属硬化剤10g
作業時間: 30分

価格は 2009年4月で 3370円。
Waveのと比べると以前は金額的に少し高い状態だったが、最近になってWaveのが
値上げされた(ヨドで約 3300~3400円位だったか。場所により 3500円以上) ため
同等になった感あり。

# シリコンは金銭的に大きな割合を占めてくるので価格は個人的に重要な要素。
# 最初にWaveのを使った理由は、価格が安くかつ自分の中で最も手に入りやすいことが理由で、
# その時ボークスのに戸惑ったのは時期により在庫がない場合もあるため。

- 容器はプラスティックで金属製じゃないので気持ち捨てやすい。
 # 住んでるとこの金属類の回収日が単に少ないだけです。

○ 硬化剤の量が大目 (目安10%) なので秤で計量しやすい。50gとかの少量だと特に感じる。
使ってる秤は 0.5g単位なので硬化剤が 1%の場合は 50gより少量で計測不能となる。

× 硬化剤はよく言われているけど別売りを見かけない。
 ミスった時や容器の廃棄の際に固めたいため、別売りして欲しいのだけど。

- 硬化剤をクリアー系の色で着色したものを用意しておけば撹拌が十分か
 分かりやすいのにと思う。
 硬化不良が古いためか単に撹拌が不十分なのかが良く分からん。
 薄く張り付いた感じにすると不良になりやすい?という印象を持った。

- 硬化剤を入れるとゆるくなる感触。
 混ぜてるうちに多少こしが戻ってくる。

- 透明で混入してくる気泡が見えるため、うげっ、大丈夫なんか?と撹拌時に思った。
 すごくたくさん気泡を作った気がして、これ気泡入りやすいのか?と思う。
ボークス透明シリコン撹拌直後


× 流す際最初に表面についた微細気泡をちゃんと飛ばしておかないと大変なことになるので注意
  # 糸状にたらして必要箇所の表面を塗らしドライヤーで薄く延ばして気泡を除去。
  # それでも駄目なら綿棒使って移動させる。

 最初に気泡が付かないよう注意してても硬化までに上がってきた気泡が
 原型にまとわりついたことがある。
 →どうも真空脱泡などで気泡を除かないと使いにくい感じ。工夫のない常圧には向かないか?

- 心持ち流動性が高い気がする。漏れやすい?
 Waveのやつよりも型取りブロックの隙間に入り込んでいってる。

- 1~2時間もするとゲル上になって流動性がかなり落ちてくる。
 この状態では気泡飛ばしが難しくなるのでもし追加作業で流用したいなら急いだ方がいい。
 →一応作業時間は 30分とのこと。

- ほいく(粘土)の接してる面が駄目になりやすい。すぐぼそぼそになっていく。

- 硬化した際の柔らかさは(Waveのより)柔らかい。
 そのため曲げによりパーツが取り出しやすい気がする。離型剤使わなくても結構もつか?
 今使ってるハイリムーバー(フッ素系離型剤)を使うとするりと抜ける。すげー。

- 柔らかいのでずれないよう粘土埋めの際にはダボはきちんとうっておく必要あり。
 →レジンを注いだあと型の両側を押し込んで空気を抜こうとするならダボがないと
  段差が生じやすくなる。

- 突起形状のものを取り出す際には型を傷つけないよう注意する必要がある。
 割と早くえぐってしまった。(10個以下で)

○ 透明なのでコップ型での分断はしやすいと思う。
× ただちゃんと脱泡していないと微細気泡が原型表面にまとわりついてしまい
  ぶつぶつができてしまうのがネック。浮き上がるのをブロックされた部分が顕著。

- あて木(物?) が透明でないと側面部分しか結局様子を見られない。
 それでも空気が入ってることが分かる時があるけど十分に甘受してるかというと違う気がする。
 流入具合を観察するならこの辺りも考慮しておく。

- ベビーパウダーを使うと油分奪っていくのかがさがさ感が出る?(気のせいかも)



使うならなんらかの脱泡手段を用意しておく方がよいんじゃないかと。



参考:
- ボークス、ツール&マテリアル・インデックス > 商品一覧 > 型取り・複製

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/74-c42bce5c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。