Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


配布価格に対する一つの言い訳
一般的なショップで売られているPVC完成品に比べガレージキットは高いとよく言われます。
人によっては高いじゃ甘くてすげー高いかもしれません。
色も塗ってない、作る手間が余計にかかるのにPVC完成品よりもなんでこんなにも高いのだと。
うがった見方ではだしにして儲けているんじゃないかと。
それに対する言い訳を試みてみます。

とても華やかな世界もありますが、そうじゃない底辺レベルの事情も知っておいて
もらいたい気分で書いています。
やり方が拙いとか限界まで突き詰めていないとか批判はあるかもしれませんが
一つの叩き台になればそれで良いです。

なお筆者は簿記はしらない人なので詰めは全く甘いです。



想定対象: ディーラー以外

- 2009/05/06 : 記述開始
- 2009/05/07 : 迷ったが公開、少々語句を修整
- 2009/05/09 : 語句を修正(恥ずかしい……)




コスト要因を分析していき以下のものに分けてみました。
1. 原型製作費
2. 複製に要する費用
3. 展示などのディスプレイや参加費など諸費用

各々を見ていくと
1. 原型制作費としては
1.1 メイン素材に要する費用(パテやファンドなど)
1.2 置換やディテールアップ素材などに要する費用 (エッチングパーツとか高い)
1.3 接着剤や金属線、ナイフの刃、サーフェイサーなどの消耗品
1.4 各種備品など(償却の観点から)
1.5 人件費

2. 複製に要する費用は
2.1 型代 (シリコン代)
2.2 型作成に要する手間賃・拘束費
2.3 レジン代 (1個1個に流し込む樹脂)
2.4 複製作業に要する手間賃・拘束費
2.5 紙コップ、ごみ袋など消耗品類に要する費用
として見ることができる。

複製は業者さんにお願いすることも可能ですが、人を拘束する分結構というか
かなり高くつきます。それでも一定数以上になるととてもやってられないので
頼まざるおえないでしょう。

3. 諸経費はここでは複製以降の雑費をみなしています。
3.1 イベント参加費
3.2 版権料
3.3 展示台
3.4 飾り布・敷き布など
など。

加えてくならば完成品に要するものとして塗料代だったり、エアブラシの減価償却なども
あるかもしれません。
完成品提出が求められる場合必要ですね。

個人でやっている場合費用構造として簡単に削れるのは人件費(手間賃)でしょうし、
それをどこまで勘定に入れてくるのかはディーラー次第です。



Work.3を一つの例として挙げてみます。
各種費用は概算というか詳しく計測していません。目安程度に考えて下さい。

1. 原型制作費
 エポパテ 900円 x3 (実際はもっと使っている)
 エバーグリーンなどの加工されているプラ板各種 400円 x X
 円形のプラ棒 (0.3mm, 0.5mm, 0.9mm, 1mm, 1.2mm, 1.5mm, 2mm) 420円 x5など
 角棒(プラ棒) (0.3mm, 1mm, 5mm)
 H工のプラ棒
 紙やすり (240番、320番、400番、600番)
 瞬間接着剤、ゼリー状瞬間接着剤、シアノンなど
 銅線、アルミ線
 ディテールアップパーツ (高いので900円など)
 サフ 600円 x2

 # いかん頭痛くなってきた……
 # 建前として残りを別のものに流用すればよいのですが使いそうにないものも多い。

2. 複製費用
 とある業者さんにざっくりで見積もってもらったところ
 型代 40000円、一体あたり 2000~3000円とのことでした。

 なお型には寿命がありある程度複製すると再度型を作り直す必要があります。
 # そのラインは良い型で 40~50程度と想像しています。
 要は型代は階段状に上がっていきます。

 今自分でやっている分では失敗もあり
 シリコン 3360円 x4 (5個目突入していますが……)
 レジン 3000円 x2

 注意)パーツ数や形状など変動要因がすごくありますのであくまでの例です。
    カラーレジンだと色毎に型を分ける必要があるためすごく高くなっていきます。

3. イベントの参加料
 WFで一卓 25000円、HCで半卓 7000円というようになっています。


じゃあということでものすごく荒く考えてみます。(どんぶりです)
以下の試算は 1作品で出る場合になっているので参加費/作品数、つまり一作品あたり
の参加費負担が最もきつい状態になります。
また版権料は面倒なので仮に 0円としています。
# まぁ話半分でお願いします。

業者に複製依頼を 30個で行い、いくつかのイベントで償却していく場合
(3000以上) + (40000 + 2500x依頼数(30)) + (25000 + 7000 + ... )
 ≧ 3000 + 40000 + 75000 + (25000 + 7000 + ...)
 ≧ 143000        # えっまじで?

一個当たりを考えるためこれを 30で割ると 4766円以上になります。
つまり WFで 30個配布しきるのであれば 4800円でかつかつ、版権料が必要だと
もっと必要になります。
底辺にいる私ではそんな個数到底無理なので複数イベントで数個づつと考えると
1個当りをもっと高くしなければ業者抜きはとても不可能です。


今度は可能な限り人件費を削るため手流しすることにしてみると
(3000) + (3000x6) + (25000 + 7000 + ...) ≧ 46000

仮に一個当たり 5000円だとしたら 10個売れなければ WFでは赤となります。
# 失敗少なければもっと安くなったんじゃあとかつっこみどころありますが。

# まぁ私の場合その 10個も到底無理でしょうねぇ……
# WSCに載った桜前線(プロ原型師)でも最初の頃は10個売るのがしんどかったという話があります。
# 私のような弱小の言葉では届かないかもしれないのでポインタとしてあげます。


無理にまとめると、
弱小にとって複製費用がかなりの部分を占めてくる。
参加費負担は結構きついと思います。
ぐだぐた引っ張りましたが提示している金額にはそれなりに必要な分があると
理解して頂ければ幸いです。

また複製にGOサインを出すか出さないかの判断を行う版権結果の連絡は
ディーラーにとっても重要な連絡になっています。
NGならNGで複製にかかる前であれば金銭的ダメージはかなり減り助かります。
再販や売れ残りだと状況が変わってきますが、できれば一ヶ月前には連絡が
欲しいなぁと思っています。

ディーラー活動を長く続けようとした場合赤にならない事が重要な要素と思っています。
参加費が安くなる半卓を導入しているイベントTF, HCには頑張って欲しいと思います。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/75-6706d786



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。