Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Tests] 水性アクリル塗料、ファレホの比較
■ 塗料の比較テスト

知識も経験も無い人はこつこつ試していかなくてはならないわけで……

● 用意したチップ:
- ホワイトのプラ板の上にガイアノーツ Ex-ホワイトで塗装。
- その上に右から大体真ん中位までガイアノーツ ノーツフレッシュ 051を吹く。
- チップは塗装後 12時間以上乾燥。

# 適当に作成

● 用意したもの
塗料
- クレオス (Mr.HOBBY)、水性ホビーカラー ピンク (H19)
- タミヤ、アクリル塗料 ピンク (X17)
- ファレホ、モデルカラー SALOMN ROSE (037)

溶剤
- タミヤ、X20A 溶剤(アクリル塗料用)
- ガイアノーツ、T-02s アクリル系溶剤
- ファレホ、ファレホ専用シンナー
- ファレホ、エアブラシクリーナー

● チェック観点:
- 各種塗料の色味
- (ファレホに関して) 塗りやすさ
- 誤った場合のふき取り具合のチェック

なお色は頬の赤みを後から行う場合を想定しています。
# 下地が白のままだとその層へ影響を与えたか分かりにくかったのでノーツフレッシュにしたと

予想以上に長くなったので結果は続きに記載



履歴:
- 2009/06/21 : テスト実施
- 2009/06/23 : 公開。22:40 語句修正、推測の4,5を全体的に修正


● テスト結果

テスト:アクリル、ファレホ

チップ(1) … クレオス、水性ホビーカラー ピンク(桃) H-19
 新パッケージのやつを使用。希釈はタミヤのアクリル塗料用溶剤を 1:2位。
 少し派手というか彩度が高い気がする。重ねないぐらいにうっすらとさせた状態は
 案外良かったんだけど。

 吹いた後あまり時間をおかずに水を含ませた綿棒でこすったがあまりふき取れず。
 その後タミヤのアクリル塗料用溶剤でふき取ってみたらすんなり落ちる (チップ右下の部分) 。
 こすりすぎるとラッカー層に影響が及ぶのでほどほどに。エナメルの時と同じようなものか。
 事前にラッカーのクリアーで保護しておくのが無難。

チップ(2) … タミヤ、アクリル塗料 ピンク X-17
 希釈はタミヤのアクリル塗料用溶剤を 1:2位。
 クレオスのとは異なり少し彩度を落とした落ち着いた感じの色味。

 吹いた後あまり時間をおかずに水を含ませた綿棒でこすったがこちらもあまりふき取れず。
 その後タミヤのアクリル塗料用溶剤でふき取ってみたらやはりすんなり落ちる(チップ右下)。
 こすりすぎるとラッカー層に影響が及ぶのでほどほどに。エナメルの時と同じようなものか。
 事前にラッカーのクリアーで保護しておくのが無難。
 # 要はクレオスの時とあまり変わらず。

チップ(3) … ファレホ、モデルカラー SALMON ROSE 037 :水   (1:3で希釈)
 モデルカラーは本来エアブラシ用ではありませんがあえて使っています。
 1:3 にしたのは店頭のPOPにエアブラシだと1:2~3 とあったから (うろ覚え)。
 これだと薄すぎたらしい。 # 適時調節して下さい

 基本マット(艶なし) らしいが乾かしてみると本当だった。

 乾くまで水でふき取れるとのことで試してみたがエアブラシだと薄く塗装するので
 乾燥が早くなりがんがんとれるってわけでもなかった。それでも水性アクリル塗料
 よりも水でふき取れる範囲は大きい。
 その後ガイアノーツのアクリル系溶剤でふき取って見る。タミヤのと同じように
 がんがん落ちるがこちらは少し強めにこするとラッカー層まで影響した。危ない。

チップ(4) … ファレホ、モデルカラー SALMON ROSE 037 : シンナー  (1:3で希釈)
 水ではなく専用シンナーを使用してみた。1:3 なのは店頭のPOPにエアブラシだと
 1:2~3 とあったからだけどうろ覚えなので水の場合なのかもしれない。

 公式ページの方に
 > 専用の『ファレホシンナー』で希釈する事で、エアブラシでの塗装も可能です。
 とあるがシンナーで 1:3 に薄めてもまだ濃い気がする。濃いためか出のコントロールが
 難しい気がする。出ないなぁと引いていくとがっと出る感じ。 (典型的な塗料が濃い状態か)
 混ぜてて変だなぁと思ってたし。

チップ(5) … ファレホ、モデルカラー SALMON ROSE 037 :
          シンナー : AIRBRUSH CLEANER  (4:1:5で希釈)
 ボークスの店員さんにこのシンナーで薄めればいいんでしょうか?(つまりチップ(4))
 と尋ねたら、シンナーだけでやろうとするとうまくいかなった、この配合で試してみて
 と言われた組み合わせ。

 AIRBRUSH CLEANERの影響か水だけより乾燥が早い感じがする。
 確かにシンナー単体よりも塗りやすい。のびというか薄まり具合が違ってくる。
 が、一つの液体(水) と混合するのと比べて手間なのがなぁ~と。
 ドロップ式なので瓶詰めの塗料に比べると格段に楽ではあるんですが。

 タミヤのアクリル用溶剤でふきとり。
 何度もこするとほんの少しラッカーに影響するがガイアのアクリル溶剤より
 明らかに影響が少ない。
 ということは同じ塗料を使用している(3)を考慮したら下地へのダメージは
 溶剤の影響の方が大きいのか。

チップ(6) … 筆塗りのテスト (ファレホ、上が水と1:1、下がシンナー 1:1)
 アクリルガッシュよりものりがいいと思う。
 水、シンナーと分けてみたが水だと弾くってこともそんなにない。いいかもしれん。


● 結果からの推測 :
1.水性アクリル用の溶剤は過度に使用するとラッカー層にダメージを与える。
 何十回も修整できると思わない方がいい。できれば数回程度に抑えたい。
 ラッカーの上に補助的に使うのが前提なら、ガイアノーツとタミヤの溶剤ではタミヤの方がよい。
 # あくまでふき取りの場合にです。

2.逆に溶剤分が強めなガイアノーツのは水性アクリルをメインに吹くとき気持ち揮発が早くて
 よいかもしれん。強い分食いつきもよくなってそう。

3.水性アクリル塗料よりファレホの方が乾燥が遅い感じがした。
 単に薄めすぎだったのか、水性アクリルとは違って水で溶いたからかは不明。

4.ファレホ専用のシンナーはエアブラシに使うのは正直微妙な感じ。容量が少ないし(32ml 398円)。
 一応定着性の向上が見込めるそうなんだけど。

 希釈用途として他に造型村 アクリルカラーうすめ液、ガイアノーツ アクリル系溶剤
 が使えるそう。
 タミヤ、アクリル塗料用溶剤、Mr.Color水性ホビーカラーうすめ液は使用できないとのこと。
 ガイアノーツのはファレホの全てに使用可能で、塗料性能を大きく向上するらしい。

5.ガイアノーツのラッカー系溶剤を清掃に使用してみたががうまく分散していかない。
 何かあるのかも。

 洗浄用には AIRBRUSH CLEANERがある。次に使う時にトリガーが引きやすくなるらしい。
 乾いた場合はファレホ シンナーのほか、ラッカーシンナー、ツールクリーナーで落とせるそう。
 ラッカーシンナーの後の仕上げに AIRBRUSH CLEANERを使うのを(経済的な点で)薦めていた。

 手に付いた汚れはウエットティッシュで落ちるそうだ。

6.正直モデルカラーのファレホをエアブラシに使うのは面倒なので目的の色があるなら
 モデルエアーを使用した方が楽だと思う。(店員さんも言ってた)

# 4、5を 6/23 22:40に修正



● 所感など
近場のおもちゃ屋や模型屋ではクレオスの水性アクリル用の溶剤がなかったためテストせず。
それどころかおもちゃ屋の塗料の品揃えの悪さに絶望したり。
ある店では塗料棚に1個づつ
 モンザレッド、モンザレッド、モンザレッド、シャインレッド、シャインレッド
と並んでてレッドがないという……。隙間を埋めるっていってもそれはないだろうw

ファレホですが店頭などで公開している情報を少しでも webにフィードバックして欲しい。
ボークスは店内撮影禁止なので基本的な使い方やTipsとかを覚えるかメモするしかなく
記憶がよいという才能かメモしてでも習得しようする意思がないと忘れる。
最前線があんなにがんばって盛り上げようとしてるのにもったいない気がします……
# 店頭でしか出せない情報なのかもしれませんが

欠品がないように適時補充してくれると他の取り扱いが少なくても安心して買えるかなぁ。

モデルカラーとモデルエアーの区別はすごく良く分かるけど他のライン、
ゲームカラー・インクがそれらとどう位置づけられるのかが(概念が直行していないので
分かりにくくなっていると思います。
売り場でモデルエアーの下に置かれたら、これはエアー寄り?隣のモデルカラーより?
どっちやねん (うがー) となりました。
# ゲームカラーはモデルカラーよりらしい



参考:
- タミヤ アクリル塗料(光沢) : 溶剤もこの中にある
- クレオス 水性ホビーカラー : ABS樹脂へ侵食があるらしい。
- VOLKS vallejo : 国内代理店となっているボークスの専用サイト

- ガイアノーツ アクリル系溶剤

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/87-cad8e97e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。