Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


盛り上がってはいけません
ご存知かもしれませんが 6/30 HOBBY COMPLEXが事実上の終了宣言をだしました。
イベント運営を垣間見て外部から少し思ったことを。
あと長くてすいません。

# 安易に信じちゃ駄目だと思う。(念のため)



履歴:
- 2009/07/9 : 公開。記述に時間かかってるなぁ。こんなの書くより複製しろってんだ orz
    公開後、語句訂正を少々。
- 2009/07/12 : 版権申請料を追記(出てた人は分かってると思いますが念のため)

個人的な話としてWHF、HCには
- WF以外の選択肢を持つためにも他の造型イベントにも頑張って欲しい
- 半卓導入や参加費など資金的な面で敷居が WFより低い
- 版権申請から開催までが短い期間で行われフットワークが軽い
があり応援していました。
# 結局作品は 1点も出せませんでしたが……

じゃあ応援できるとしたら何があるだろうと考え、ディーラーとしては
WFより新規アイテムを優先し遠からずイベントの盛り上がりに貢献できないか
と考えていました。弱小なんで人を寄せる効果は全くないですが、全体として
マイナーなもの・新しいものが見れるから行ってみようと思ってくれないかと
画策したわけです。

ただこういったイベントに対する応援ってもしかしたらHC側からはありがた迷惑
だったのか?という問いが生じています。


イベントでは主催者側に対し次のお金のやりとりが発生しています。
- 入場料・カタログ代
- ディーラー参加費、版権申請費

版権申請ですが、ここ数回のイベントでは 1000件以上、最後の催しでは約1300件ほどの
申請数があり、それを二人くらいで捌いていたみたいです。

版権申請したものは、
書類の印刷、郵送のお金
完成品送付で記録を残すなどの理由により 500円以上で宅配
などのコストがかかり申請費をとっていても実質赤字とのことでした。
(7/12追記) ちなみに 1件 500円でした。

HC07で事務局の方と話す機会があったのですが、
我々は版権処理を行ってお金を得ていますが、儲かっていません
という事を何度か説明されました。
# それはそれで興味深い話でしたがその時私の聞きたかった事とは全く違うという……

逆に儲かってるとまずい、人の版権を利用して何勝手に儲けてるんだ
というクレームを受けやすい状況下にあったのではないかと想像します。

こうしたクレームを受けないようにセンシティブになっていたんじゃないかな
と思うふしは次のようなことにも繋がっていたんじゃないかと思います。
勝手に許諾を与えると雑誌、ネットなどにのってしまいそれが広告に繋がるので
安易な許諾はできない。そのため同人作品などでもコンタクトをとろうとするし、
兵器などの申請では国の機関まで連絡をとろうとする。

(ディーラーの責任であったとしても)イベントとしてどう考えてるのだと責任を追及されるから
という言葉を聞いた時、そういうクレームをかつて受けたのだろうと受け取りました。
そういうために抱え込もうとする傾向があったんじゃないかと思います。

HC事務局がとってきた手が造型イベント的に良かったのか悪かったのかの判断は
ひとまずおいときます。

しかし盛り上がることは広告に繋がるから、盛り上げにつながることに手が出せない
というのは正直どうなんだろうと自分は思いました。
# 前になんであまり改善しないのかをあえて書きませんでしたがこれが理由です。

極端な言い方をすれば、ボランティアでないと造型イベントの存続は認められてない
と言えるでしょうか。
実際のHCの収支がどうなっていたのか分かりませんが、薄くでも+でないと
改善にまわしていけない、今のように経済環境が悪化したとき場を切られる
事につながっていくと思います。
申請システムへの改善は版元にとっても労力が減る可能性があるので決して
メリットがないわけじゃないと思うのです。

現状がこうなので、このまま版元に更に理解してもらうってのは虫がいいというか
多分早いうちにサチってしまうのではないかと思います。当日版権を維持する
のであればシステム的に版元にメリットがあるようにしなければ賛意が得られにくい
のではと考えこんでしまいました。
# 一定以上の利益を件数に応じて再分配とかでたらめな事を夢想してはみたけど
# 実現は難しいでしょうねぇ。

ともかく私にとってHC07以降の話は、当日版権の造型イベントは想像以上にかなり
脆い状態にある事を再認識する機会となりました。あとちょっと堪えた……


TFの打ち出しの一つにチャリティがありましたが、今から考えると
実はこの回避策だったのか?という考えに至りました。
地雷除去、恵まれない子供に愛の手を、といった慈善事業に表立って批判する
人はいないでしょうから。
後進や文化を育てる観点から代アニと組んでるのもうまいアピールだと思いました。

最初にチャリティと聞いたとき胡散臭いと思いましたが( < ごめんなさい)、
こうした事がありTFに対する評価を見直しています。 # 勝手な想像ですが



蛇足1)
功罪を色々言われているディーラー列ですが、
会場直後にダッシュさせない・ダッシュする人を減らす
 → 事故を防ぐ
 → イベントを存続させる
の意味で取り組みそのものは個人的に評価しています。
買い専だった頃があるのでその嫌さも分かりますが、実際目の前を猛スピードで
走られると恐怖でした。あれは事故がおきない方がおかしい。
供給量さえ見合えば悪くない手だったんだろうけど……。

事故ったらその処理の間買えなくなるから自重しなよ~というのがよく言われますが
ここでも記述しておきます。 # イベントの存続がかかってるから走るのまじやめれ。


蛇足2)
> イベントの開催中止の理由としましては、事務局運営に支障をきたす諸事情があり
> 解決するには大きな資金と労力及び時間が必要になると判断し、やむなく中止と
> 決定いたしました。

版権の申請数をこなすのにも現状のシステムでは無理がきており抜本的に
を見直すと言った矢先で上記の説明のため、システム更新の資金ショート
なのかなと思いました。

俺手先が不器用だから作れないもんと言ってたIT系の方チャンスですよ。
オープンソースとかでそういったイベント運営用のシステムを作れば十分貢献
できるんじゃないかと思います。
# と勝手な事を言ってみる。貢献なんてやろうと思えば色々あると思うんだ。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://coffeeshop4u.blog51.fc2.com/tb.php/90-eabb205f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。