Coffee Shop BLOG
ガレージキット主体の告知用BLOGです。(注) 珈琲を売ってるわけではありません。
FC2カウンター



プロフィール

coffee shop

Author:coffee shop
ディーラー名: coffee shop
管理人: つぶ



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ユーザータグ

宇宙 イベント参加 コンピュータ フルスクラッチ 実演イベント 造型ノウハウ 複製ノウハウ 塗装ノウハウ ヘッドフォン・イヤフォン SuperModelers フィギュア 宮下未紀 WF カメラ 電撃ホビー工房 れでぃ×ばと! HC WHF TAT-CON スキャナ 紙の電子化 計算機科学部 TF 



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



amazon



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[告知] COMITIA107参加
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


年明けの2/2に開催されるCOMITIA 107の卓が頂けました。
もしよろしければお立ち寄り下さい。
--
名称: COMITIA 107
日時: 2014年2月2日 11:00-16:00
場所: 東京ビックサイト 東5,6ホール

サークル名: COFFEE SHOP
スペース: へ31a
--

書籍の電子化補助ツール(CS-SkewChecker, CS-CropPicture) を
持ち込む予定でいます。

CS-SkewCheckerは秋のTAT-CONに持ち込んだもの(ver0.4) とほぼ
同等で追加機能の予定はありません。春のCOMITIAのバージョン
より安定しており、過去のバージョンをお見せ頂いたら実費で新版
と交換するつもりでいます。
(この安定版と交換するのがイベント参加の動機です。)

お手数をおかけして申し訳ございませんが、過去バージョンを
お持ちの方はケースをお持ち頂けると幸いです。


[参考]
ver.0.4での変更点
[追加] 並べて比較しやすいようにクロップした画像を並べて表示できる機能を追加した。(出力タブ選択時)
[追加] ファイル選択で、同一カテゴリの時にのみ反映するフィルタを追加した。
[追加] 角度検出で検出した角度を選択するUIを追加。
[追加] プロジェクト指定時に隣のフォルダを指定しやすくなるよう、前回指定したフォルダを指定しているようにした。
[追加] プロジェクト再開時に前に作業した時のタブとファイルを復帰するようにした。
[改善] プロジェクト再開時にドライブ位置が変わっていても読めるようにした。ポータブルドライブ利用時に利便性が向上。
[改善] プロジェクトの再開が失敗した際に、状態がおかしくなるのを改善した。
[改善] キャッシュ画像の生成時にプログレスバーがうまく動かない場合があったので別の方法へ切り替えた。
[改善] キャッシュ画像を WPFで作成するようにした。グレースケールがグレースケールになった。
[改善] 日本語文章の角度解析で別の解析方法を追加 (採用角度をこの結果にするようデフォルトを変更)
[改善] ファイル選択のホイールの送り量をシステム設定から 1に変更。
    ホイールで送った際に選択行が見切れる現象を改善。
[修正] グレースケール画像を読込んだ際に背景検出が行えない問題を修正
[修正] 画像出力の際にマージンが効いていなかったため修正

開発支援版のみ
[追加] 簡易ライセンスチェック機能を組み込み。
    (ライセンスファイルはアプリケーション直下に CS-SC_License.xml という名称で保存して下さい。)
[追加] キャッシュ画像生成時にマルチスレッドで動作し、スレッド数を指定できるようにした。ただ複数スレッドの方が遅くなる場合があり (1thread 5分 → 4thread 12分)。現状では1threadを推奨。
[追加] 画像出力でカテゴリ毎に分ける機能を追加
[追加] 検出角度が 0.4以上の時にセルを着色するようにした。
[改善] 画像出力の際にプログレスバーがうまく動かない場合があったので別の方法へ切り替えた。
[改善] 画像出力で、すべてをファイルを画像出力するから、選択したファイルのみ出力するよう変更した。
[追加] 画像出力の際にマルチスレッドで動作し、スレッド数を指定できるようにした。スレッド数を上げ過ぎるとOutOfMemoryで失敗するので注意。


P.S.
おかしい、マップを何度見ても通路側の席(お誕生日席)に見えるんだ……
正直サークルの配置場所間違ってないかと。こんな弱小サークル島中の
目立たない場所でいいと思うんだが。何か隠された意図でもあるんだろうか??


ヨドバシカメラ×final audio designイヤホン組立体験
一度書きかけてたやつです。
今週末にまたイベントがあるようなので掲載します。
参考: ファイナル、BAイヤフォン自作イベントを11月2~4日開催



イヤホンの組立て体験に行ってきました。
--
イベント名称: ヨドバシカメラ×final audio designイヤホン組立体験
開催日: 2013/07/13, 14
開催場所: ヨドバシカメラ 新宿西口本店 マルチメディア館北館4F
--

1回につき10人の規模で、1日10回開催。これを 2日。
場所は 4Fでイヤホンとかを飾ってるガラスケース棚の端、ここ最近は
変換ケーブルなどが置いてあったコーナーに机を置いて実施。

参加に事前予約はできなくて、当日先着順に受け付け。
希望する回の整理券を受け取り、自作キット(5980円) を購入します。

13日の10:00に着いたら既に17:00まで無くなってて、私の前で17:00の回が
打ち切られてます。みんな早い……
後の話によると初日は10:30には全ての回が埋まったそう。


- 今回の組立て体験では、初めてBA型のドライバを扱う。
 ドライバはfinal audio製
- ダイナミック型とBA型は、どちらの方が音が良いといったものではなく
 特性に応じて使い分けるもの。
- BA型をやるには大きな設備投資が必要で、10億かけて12億のビジネス
 をやるといった規模になってしまう。なかなか参入するのが難しい。

- スピーカーの場合、周波数特性がフラットになっているものが人気があり、
 実際そういった製品がよい音と言われることが多い。
- 一方イヤホンに関して、フラットなものが良いかと言われても一概に
 そう言えない。

- 周波数特性はこの測定用の耳型にいれてマイクで測定するルールになっている。
 この耳型は結構壊れやすい。
- 最近だとこうした測定環境は 1万位でそろうだろう。

- 人間の耳は左右非対称。しかも鼓膜までの形状は結構異なっている。
 ただ生まれてきてからずっと使用しているので、脳で対称に聞こえるよう
 うまく補正をかけている。

- イヤホンを挿すと耳に蓋をした状態になり、口をあけたラムネの瓶
 のようになる。ラムネの瓶を上から息を吹いたら分かるが、ぼーと
 特定の領域の音が大きく聞こえる。これは特定の周波数で共振するため。
 この共振まで含めて再現しないと、その人にとって自然な音にならない。
 こうした差があるため、人が良いと言ってるものでも自分にとっては
 合わない事がある。
- またこのため、イヤホンの評価に思い込みで良いと思う傾向もみられる。
 有名な人が良いといったものを良いと思うとか。

- イヤホンの周波数特性を測定して単純にフラットでないから駄目だとは思わないこと。
 周波数特性の傾向についてよく把握してから判断しないといけない。


組み立てるボディはadagio IIIのを流用しているみたい。
予めボディの中にドライバが半田付けされて入っている。
コードは抜けないように内部で一回結ばれていた。

- フロント部分にボンドをつけて、2~3分置いて少し粘ってきたら
 ドライバの前面にある黒い板を押し付けて接着する。
- この接着で隙間ができると、空気漏れというか音がすごく悪くなる。
- 視聴して極端に悪かったらやり直す。
- 瞬間接着剤でも可能だけれども、試したら難しかったので今回ボンドにした。

- ドライバへの半田付けは今回難度が非常に高いため、メーカー側で行った。

- 銀色のリングをつけて、フロントの部分のふちにボンドを付けて、イヤホンの
 前後を接着する。
- イヤーチップを付けて、フィルタをピンセットで中に入れるととりあえず完成。
- フィルタの素材は 2種類配布。5mm位に切って使う。
- 今回配った黄色のスポンジは、網目が細かく、籠ったように感じられる
 かもしれない。

- 今回は、半田付けやドライバの後ろ側に何も細工をしていない。
 ただ前方のフィルタを変えることでのみ音を変化させている。
- 実際フィルタだけ変更し、味付けを変えただけでそのメーカーに納める
 という事もやっていたりする。

- フィルタの例を挙げると、ストッキングのような網目の細かいものがある。
 絹を使ったものは音質が良かったが、耳の中は湿度が高く、メーカーとしては
 腐らせるわけにいかないので採用できない。
 1~2週間位で取り換えながら使うにはいいかもしれない。

- メーカーはそういった色々な制約を持っているので、しがらみがなく
 色々できるアマチュアには勝てない。
 是非色々試してみて下さい。



履歴:
- 2013/7/14 : 作成
- 2013/11/2 : 公開


TAT-CON11参加報告
2013/10/06 都産貿で開催されたTAT-CONに参加してきました。
お相手頂いた方ありがとうございました。

--
名称: TAT-CON11/TAT-HON8
日時: 2013/10/06 11:00-15:00
場所: 都産貿 2F
--
自分とこの総評ですが、まぁ順調に赤字幅を広げておりますwww
色々厳しかった上に、修正版だったので知人に渡そうにも知人が見当たらなかったという……


TAT-CONは残念ながら今回で最後の開催となるそうで、主催のテツイヌ様
今までありがとうございました。

TAT-CONの事を知ったのは5,6年前?
サワタリさんがガレキの実演を行っていた頃になります。
あれを見なかったら今のCoffee Shopは存在しなかった。
立体物を作る上でどうしたらよいのか目の前で見せてくれ、おまけに多くのTipsと、
ある意味気楽さというかよい手の抜き方が混在してた良い講座でした。
もう一度見たいくらいに。

柔軟さと引き換えに、人数不足による至らなさなどがあったかもしれませんが、
私はTAT-CONの文化祭のようなのりや、実際に手を動かす人たちが参加する
雰囲気を評価したいと思います。
本当にありがとうございました。感謝致します。 > 主催者様、関わった方各位


2013秋のイベント参加
御無沙汰しとります。

秋のイベント参加ですが、
・10/6 TAT-CON
を予定しています。
10/20のコミティアは予定が合わず断念しました。すいません。

内容は、CS-SkewCheckerの最新版を持ち込む予定です。
(が、直前となっている今でもfixしていないのでどうなることやら…… orz)

前までの版をお持ちのかたは実費交換致します。
CDのケースに入れたラベルで確認しますので、お手数ですが持参下けると幸いです。


余談ですが、TAT-CONは今回が "最後" の開催とのこと。
10/6はサンクリや秋葉原で電撃のイベントがあったりして難しいかもしれませんが、
足をお運び頂けると幸いです。


続Flat4-玄の改善計画
音茶楽さんのイヤフォン Flat4-玄(KURO) の使いこなしでここの所悩んでいた点が、
曲によりベースの音が少し籠った感じがすることでした。
ポータブルアンプのiQubeを使えば段違いに解決することは分かったのですが、
他に最適なイヤーピースを探しているうちに解決しそうな事が分かりました。

イヤーピースは色々試してはみたのですが結局Complyに戻ってきてます。
ネットを見てもそういう人が多い見たいですね。

続きが私が試してみたものになります。

[続きを読む]

Flat4-玄の改善計画
Flat4-玄を実際に使ってみて、自分が不満に思った点が改善しないかなと試行錯誤した話

1. ケーブル長の改善
2. 籠り傾向の改善
3. SHURE掛け → 左右チャンネルの入替えケーブルを作る
な話になっています。

[続きを読む]

音茶楽さんを伺った
わけありでFlat4-粋、玄を手掛けてる 音茶楽 さんを伺いました。
場所ですが、少しわかりにくい部分があったので入れておきます。
6/1のFlat4-玄の発売日に向かう時、参考になれば幸いです。

まず小田急の経堂駅で降りた後は、北口に向かいます。
そのままWebページにあった案内図のように西に進んで下さい。

ちょうどコルティ経堂(小田急の建物?) が終わったあたりでクリーニング屋さんがあります。
ここをそのまま直進します。
音茶楽_ルート1

ずんずん直進して行くと次のような分かれ道に辿りつきます。(写真は右方向をみたもの)
二丁目17の看板のところの建物にベネッセがあります。ここで右折して下さい。
音茶楽_ルート2

止まれの れ 近くのお店が音茶楽さんです。
音茶楽_ルート3


お店の中はゆったりと静かで、とても意心地が良い空間でした。
ヘッドフォン祭の会場よりも静かなので、気になった製品を視聴させて
頂くにも良いと思います。

せっかく伺ったので現在製作中の どんぐり を聞かせて頂きました。
印象ですが、高音がストレートにのび、低音もベースなどがそのまま
籠りなく届き好印象。ロックやポップなど元気めの曲に向きそうでした。
Flat4とは違い 1ドライバで構成するためダイナミックレンジは狭いそう
なんですが、とても素直な音で良い印象です。
Flat4を持っているので別のキャラクターを持つイヤフォンを受け入れる
余裕があったのかもしれませんが、正直今でも売って下さいと思いました。
特に籠りがないのが良かったです。

もぐりなので知らなかったのですが、どんぐりは Flat4よりも前に構想が
始まっており、オーディオテクニカのATH-CKM55のチューニングに使用した
トルネードイコライザを発展させたものとか。開発を踏まえるほどトルネード
部分が段々大きくなってます。(一目見て分かるほどの違いあり)

最近 Ts-200を使うと中~低音がアップしてなかなかいい感じになる事に
気づいたそう。聞かせてもらったのは Ts-200を装着したものでしたが、
たしかによかったと思います。

どんぐりは秋頃の完成を目指してるそうです。頑張って貯金しておかねば。


来週の 6/1は Flat4-玄の発売日です。悩んでる方は視聴して決めては如何でしょうか。
また同店ではコンプライのTs-200も販売してもらえます。
店舗売りでは多分日本で一番早いんじゃないかなと思います。

あ、Flat4を購入したらコンプライのイヤーピースを少しお安くしてくれるので、
スペアを購入しておくことをお勧めします。コンプライのイヤーピースは消耗が
結構激しいので、予備があると安心できますよ。


春のヘッドフォン祭2013
春のヘッドフォン祭2013へ行ってきました。
春のヘッドフォン祭2013_ポスター
--
名称: 春のヘッドフォン祭
日時: 2013/05/11 10:30 - 18:30
場所: スタジアムプレイス青山
主催: FUJIYA AVIC
公式サイト: http://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php
--

前回の秋のヘッドフォン祭2012に行った時は、道に迷ったこともあり終了
1時間前に到着。
# まさか道を尋ねた人があさっての方向を述べるとは思わなかったんじゃよ…
あまり見周れず少し惜しい気持ちがあったため、今回は少し早めに出発。
たしか前も雨でしたよね。

以下感想ですが、ど素人が感じた事なので真に受けないように。(念のため)



5/22 粋との聞き比べを追記

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。